ブライダルフェアのいろは

【必見】注意!ブライダルフェアで当日成約特典に申し込む前に知っておくべきこと。

投稿日:

WPsmallブライダルフェアとは、「ぜひうちの式場で結婚式を挙げてくださいね〜!」っていう、いわばPRのためのイベント。

試食会でおいしいご飯を食べて、ウェディングドレスを着て楽しんでもらって、その結婚式場の魅力を知ってもらうんです。

もちろん最終的には契約してほしいので、プランナーさん、もしくは営業担当さんからプランの説明を受けたり、見積りを出されます。

こちらは理想の結婚式場探し、向こうはお客様探しが目的なので、営業トークがあったから悪い式場!ということではありません。
むしろ、見積りを出してもらったり色々お話しないと検討材料がありませんから、営業してもらうのも大切です。

注意しなければいけないのが、
執拗に
「今日中に契約するとお得ですよ!」
「仮申し込みだけでも今日中にしてください!!」
という営業があった場合。

かなり長い記事になりますが、トラブル防止のためにもとっても大切な内容です。
ブライダルフェアに行く前に、必ず読んでくださいね。

結婚式場でトラブル多発?!

2015年11月に、国民生活センターが発表した資料が大変参考になるのでご紹介します。

全国の消費生活センター等には「結婚式」をめぐる消費者トラブルは、過去5年間毎年1,000件以上寄せられており、昨年度も 1,600 件を超えています 。具体的なトラブル内容としては「申込金が返金されない」等、契約段階でのトラブルや、契約後の打ち合わせ段階、そして、「担当者の手違いで当日の料理が打ち合わせと違った」等、結婚式当日のトラブルに関する相談などさまざまな場面のものがあります。中でも多いのは、「契約・解約」に関する相談で、全体の9割近くを占めています。

引用元:「トラブルになってからでは遅い!結婚式トラブルへの備えとは―「キャンセル料」「打合せ不足」に関するトラブルが後を絶ちません―」(国民生活センター,PDF)

さらに、こんな事例が紹介されています。
ちょっと長いのですが、とっても参考になる事例なのでぜひ全文読んでみてください。

(1)強引な勧誘、申込金が返還されなかった事例
【事例1】長時間の勧誘を受け契約。翌日キャンセルを伝えたのに、「内金」が返金されない

結婚式場の説明を受けに 2 人で出向いた。
結婚式場の説明を聞くのは初めてであることに加え、約 5 時間もの説明を聞いて疲れたところで、「今日中の契約ならこの金額だが、明日以降になると100 万円は高くなる」と言われた。冷静な判断ができず、言われるがまま契約して、内金 20 万円を支払い帰宅した。

翌日になって、契約を焦ってしまったのではないかと後悔し、夕方頃式場にキャンセルを伝えた。担当者からは「内金は返金できない」などと言われたが、契約時に口頭でのそのよう説明は受けていない。
契約書面は渡されたがキャンセル規定は確認していなかった。
契約の翌日にキャンセルを伝えているので、内金を返金して欲しい。
(30 歳代、女性、無職、神奈川県、2015 年 6 月受付)

(2)契約直後のキャンセル料に関するトラブル
【事例2】契約成立の時期や解約料に関する説明がなかった

2 カ月前、ウェディング会社の店舗に出向いた。内金 5 万円を支払う際「キャンセルの場合は返金する。まだ正式な契約ではない」と口頭で説明された。

2 週間前に衣装合わせに出向き、衣装の申込書にサインした。その後、家庭の事情で、3 日前に電話でキャンセルを申し出たら、「ウェディング費用 42 万円と衣装代 45 万円の契約だが、現時点のキャンセルだと衣装代の半額のキャンセル料が発生する」と言われた。
正式な申し込みはしていないと主張したが、「申し込み後に何らかの書類にサインをすると正式契約となる」と言われた。そのような説明はなく、突然請求されたキャンセル料に納得できない。
(30 歳代、男性、給与生活者、埼玉県、2015 年 4 月受付)

引用元:「トラブルになってからでは遅い!結婚式トラブルへの備えとは―「キャンセル料」「打合せ不足」に関するトラブルが後を絶ちません―」(国民生活センター,PDF)

このようなトラブル防止のためにできること

すべての結婚式場が悪徳!というわけではありません。
しかし、残念ながら高額なキャンセル料を請求されたり、説明なしに内金が返還されないケースは後を絶ちません。

すてきな結婚式の思い出の中に残念な出来事が残ってしまわないように、また、あなたたちも結婚式場もトラブルで嫌な思いをすることのないように、しっかり知識をつけておきましょう。

絶対ここがいい!と思わない式場は即日契約しない

ブライダルフェアを何件か回っていると、必ず1回は
即日契約またはその場で仮契約で割引・または特典がつく
という式場があると思います。

全て見学して、お話も聞いて、絶対ここがいい!という場合以外はどんなに急かされてもその場で契約しないようにしましょう。

ブライダルフェアは非日常を体験して、気分が盛り上がりがち。
さらに、未経験のことでわからない点も多く、後から「もっといい式場があったなぁ」と思う可能性もあります。

よっぽど気に入った場合以外は、一度家に持ち帰って検討するのが無難です。
また、1人じゃ断りづらい方は、パートナーや親御さんなど、誰かと一緒に参加しましょう。

お金を支払う時には、必ず【何に対して払うのか】【契約成立時期】を確認する

ブラダイダルフェア参加後、そのまま式場を押さえるためなどのためにお金を払う時には、必ず何に対するお金なのかを確認しましょう。

事前に支払う費用は、予約金、仮押さえ金、内金、手付金、仮契約金など、式場によって異なる名前が付けられています。

  • 今から払うお金は、何のために払うものなのか
  • 正式に契約が成立するのはどのタイミングなのか

を必ず確認しましょう。

先ほどご紹介した事例2でも、新郎新婦はまだ契約が成立していないと思っていたのに、式場のルールだとすでに本契約が成立している、という認識の相違がありました。

キャンセル料の発生時期・金額・内訳の確認

契約成立時期などについて確認ができたら、キャンセル料についても確認しておきましょう。

  • どの時点でキャンセル料が発生するのか
  • キャンセル料はどういう明細でいくらかかるのか

この2点を確認して、納得した上での契約をしましょう。

契約書に署名・押印をする前にも、キャンセル規定が契約書に明記されていることと、説明と相違ないことを確認してください。

説明で「キャンセル料は30日前から発生します」と言われても、契約書に60日前から発生する、と記載されていたら、あなたが証明・捺印した契約書の方が有効となります。

良好な関係を築くことが最大のトラブル防止策

プランナーさんも人間です。
「これってキャンセル料はとられるんですか?」
「いつごろ本契約になるのか、ちゃんと説明してください。」

など、高圧的な態度で確認をしてしまうのが一番ダメ。

相手に「この人たちに信用されていないんだな」と思わせてしまったら、どんな結婚式場でもうまくいきません。
あなたも、仕事の取引先からいきなり高圧的な態度をとられたら、「ここの会社とは積極的なお付き合いは控えよう」と思いませんか?

結婚式成功のためのコツは、プランナーさんとの良好な関係がとっても大切です。
「この2人の理想の結婚式を叶えたい!」と思ってもらえるくらいに、いい関係が築けたら理想ですね。

それでもトラブルが起こってしまった時は

色々と確認をしたけど、それでもトラブルになってしまった、という場合は消費生活センターに相談しましょう。
消費者ホットライン(局番なしの”188")に電話するか、お住いの地域の消費生活センターで相談に乗ってもらえますよ!

詳しくは国民生活センターのホームページをご覧ください。
https://www.kokusen.go.jp/map/index.html

アイコン7全てのブライダルフェアでしつこく勧誘されるわけじゃないので、怖がらずに気軽に参加してくださいね!
このような知識を頭にいれておくことで、いざという時の備えになりますよ♪

人気記事

1

マイナビって、就活の時に使うサイトのイメージですよね。 実はマイナビウエディングという結婚式場探しのサイトもあるんです。 マイナビが結婚式場を探せるホームページを作っていたなんて知らなかった! マイナ ...

2

授かり婚だから急いで結婚式を挙げたい! 妊娠がわかったので、急きょ結婚式を挙げることにしました。 そんなカップルの声を最近よく聞きます。 授かり婚は今や4人に1人とめずらしいことではないんです。(厚生 ...

3

初めての妊娠、初めての結婚式、わからないことばかりでいろいろアドバイスが欲しい! 専門知識がある人からのサポートがあれば心強いんだけどな〜 奥さんの体調も心配です。結婚式の準備って大変らしいから、無理 ...

-ブライダルフェアのいろは

Copyright© 結婚式場のいろは , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.