マタニティウェディングの豆知識

マタニティウェディングとパパママ婚どっちがいい?それぞれのメリット・デメリット

妊娠中に結婚式をするマタニティウエディングと、産まれた我が子と一緒に結婚式をするパパママ婚。
どちらがいいか悩みますよね。

マタニティウエディングとパパママ婚それぞれのメリットとデメリットを、実際に結婚式を挙げた方の声をもとにまとめました。
どちらにもいいこと、悪いこと両方あるのでこれが正解!というのはありません。

あなたにとってベストなやり方が見つかりますように♪

マタニティウエディングのメリット・デメリット

結婚式

メリット

  • 夫婦2人だけの思い出がつくれる
  • 落ち着いて準備ができる

デメリット

  • 挙式当日に体調不良になる心配
  • ダイエット・ブライダルエステが満足にできない

マタニティウエディングとは

マタニティウエディングとは、おなかの中に赤ちゃんがいる状態で結婚式を挙げること

以前はマタニティ対応のウエディングドレスが少なかったのですが、最近は4人に1人が授かり婚ということもありかわいいマタニティウエディングドレスがたくさん!
妊娠中でも理想の結婚式が挙げられる会場が増えてきています♪

マタニティウエディングのメリット1:夫婦2人だけの思い出が作れる

お子さんが産まれたら、赤ちゃん中心の生活になるってよくいいますよね。
マタニティウエディングは、お子さんが産まれる前最後の2人きりのビッグイベント。

夫婦の絆が深まり、ステキな思い出となること間違いなしです。

マタニティウエディングのメリット2:落ち着いて準備ができる

マタニティウエディングは、一般的に安定期に挙げることができます。
普通に結婚式を挙げるより準備期間が短いので一見忙しそうですよね。

マタニティウエディングに強い結婚式場やサービスを使うことで、準備の手間を減らすことも可能。
結婚式場によっては、打ち合わせ回数を減らしてその分は電話やメールで対応してくれるんです。

お子さんが産まれた後だと、忙しくて日々の生活で手一杯という話をよく聞きますよね。
産休の間は案外時間があるのでその間に結婚式を挙げました!という方もいらっしゃいます。

マタニティウエディングのデメリット1:挙式当日に体調不良になる心配

一般的につわりは安定期前に落ちつくと言われていますが、どの程度のつわりがいつまでつづくのかは人によります。
マタニティウエディングの契約をしたはいいけど、安定期に入ってもつわりが落ち着かなかったらどうしようという不安を抱える人も。
マタニティウエディングに強い結婚式場を選ぶと、身体に負担がかからない会場設計になっていたり、式進行に配慮してもらえます。
どうしても不安な方はウエディングプランナーさんや結婚式場紹介サービスの人に相談してみてくださいね。

マタニティウエディングのデメリット2:結婚式のためにダイエット・ブライダルエステが満足にできない

「一番美しい状態でウエディングドレスを着たい!」というのは女性の方なら誰もが思いますよね。
ですが、妊娠中はおなかの赤ちゃんのためにも無理なダイエットは禁物。

ブライダルエステも、うつ伏せになることができないのでフェイスや手足など、限られた部分の施術になります。
妊娠中のブライダルエステは対応していないところもあるので、マタニティブライダルエステのメニューがあるところを選んでくださいね。

マタニティウエディング対応の結婚式場で安心して挙式をしよう

打ち合わせから当日まで、なにかと心配なことが多いマタニティウエディング。
スムーズに準備を進めるなら、マタニティウエディング対応の結婚式場を選ぶと安心です!

体調が心配なママのための電話打ち合わせや、挙式当日の万全なフォロー、マタニティウエディング専用の割引プランなど、安心の体制が整っています。
マタニティ婚プランなら、「3ヶ月以内に結婚式を挙げたい!」なんていうことも可能。

編集長マユ
マタニティウエディングの結婚式場探しに便利なサービスを3つをご紹介します!

+ タップして見る


【ママ婚】国内で唯一!マタニティ婚専用・式場紹介サービス

ポイント

  • 通常より安く結婚式ができる
  • 1〜5ヶ月後の挙式を実現!専門プランナーのサポート
  • 式場探し・見学予約から空き状況確認も丸ごとお任せ
  • 来店不要!メールや電話だけで式場探しをお願いできる
  • 体型変化によるドレス調整無料
編集長マユ
マタニティ婚専門のプランナーだから安心♡忙しいプレ花さんをしっかりサポートしてくれます

マタニティ婚に対応した式場の見学予約、空き状況確認など、いろいろお任せできる頼れるサービス。
もちろん全国47都道府県に対応しています!

マタニティ限定・格安プランの紹介までしてくれるのが嬉しい♡

公式サイトからかんたんに相談できるのも、忙しいプレ花さんにぴったりです。


【小さな結婚式】少人数での格安マタニティ挙式ならココ!

ポイント

  • 少人数の結婚式専門サービス
  • マタニティ婚プランが67,000円から!
  • 打ち合わせ回数は最小限で、らくらく♪
編集長マユ
「小さな結婚式」は、結婚式場探しサイトではなく、結婚式のプロデュースをしてくれる会社です♪

なんと67,000円で挙式ができる話題のサービスがコレ。

マタニティ専用プランでは、最短1週間での挙式が叶います!
「安定期のうちに早めに挙式したい!」というプレ花さんたちに大人気。

小さな結婚式は自社でチャペルをもっているから、スタッフさんのサポートも万全です!
もちろん、妊娠中でもきれいに着られるウェディングドレスも豊富♡

自社チャペルがある都道府県が少ないのが残念ですが、他県には提携ホテル・リゾートもあるので一度相談してみてくださいね!

自社チャペル対応都道府県:北海道、宮城、東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、新潟、石川、大阪、兵庫、京都、広島、福岡、沖縄

編集長マユ
少人数で満足挙式ならココ一択!大人気の結婚式場グループです

キャンペーン情報

サマーキャンペーン
2019年8月31日までの挙式

小さな結婚式チャペルでの挙式価格が48,000円から!(土日祝:21,600円増)
直営式場の"67,000円挙式プラン"に限り、なんと48,000円で結婚式が叶います!

挙式料金や衣装レンタル、ヘアメイクもついてこの価格はかなり嬉しい♡


 

沖縄・グアムリゾートウエディング限定キャンペーン
沖縄:2019年9月30日(月)までの挙式

憧れのリゾート婚も、小さな結婚式では安く叶います♡
キャンペーン期間中はさらに割引が!

沖縄:通常98,000円(税込)→ 特別価格67,000円(税込)

小さな結婚式のチャペルは沖縄に2ヶ所あり、それぞれ先着100組限定です。

※挙式後、6名様以上で会食を申し込む人限定

※土日祝日の場合は+21,600円

早い者勝ちなので、気になるかたは早めに相談に行くのがオススメです♡


【マイナビウエディング】高額キャンペーン&マタニティ特集がうれしい!

マイナビウエディングフェア

ポイント

  • ブライダルフェア参加だけで高額商品券がもらえる
  • マタニティ婚専用プランが探しやすい親切サイト
  • 対応エリアどんどん拡大中!
編集長マユ
個人的に使いやすさナンバーワン!親切サイトで式場探しがはかどりました。

マイナビウエディングは高額商品券がもらえるキャンペーンが魅力♡
ゼクシィの同様のキャンペーンよりも、もらえる金額が高いことが多いんです!

マタニティ婚専用プラン検索 で効率的に結婚式場が探せるのが、助かります♡

欠点は、対応エリアがゼクシィよりも少ないこと。
とはいっても、以前は関東だけだったのが21都道府県まで広がりました!

結婚式場の魅力や、予算などすべてがわかりやすい!わたしの一番のお気に入りサービスです。

キャンペーン情報

2019年夏 式場探し応援キャンペーン
2019年9月26日(木)まで

式場見学・ブライダルフェア参加・マイナビウエディングサロンの利用して結婚式場を決定すると、6万円分の電子マネーが必ずもらえる!

Amazonギフト券や楽天Edy、nanacoなど、好きな電子マネーを選べるのも嬉しいですね。
6万円あれば新生活の準備に大助かり!

キャンペーン参加にはエントリーが必要です。
公式サイトの規約をよく読んで、6万円をGETしちゃいましょう♡
キャンペーン詳細はこちら

対応エリア:北海道、宮城、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、愛知、岐阜、三重、静岡、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、福岡、海外(ハワイ、グアム、ヨーロッパなど)


パパママ婚のメリット・デメリット

パパママ婚

メリット

  • お子さんにも良い思い出になる
  • 夫婦だけでなくお子さんのお披露目もできる

デメリット

  • 結婚祝いを頂き済みで招待しづらい

パパママ婚とは

パパママ婚とは、ファミリーウエディングとも呼ばれます。

授かり婚や何らかの理由で結婚式を挙げなかった方がお子さんと一緒に挙げる式のこと。
小さいお子さんなら、産まれた子のお披露目会が兼ねられることも。

パパママ婚のメリット1:お子さんにもいい思い出になる

大好きなパパママがタキシードとウエディングドレスでおめかししている姿は、お子さんにとっても嬉しいこと。
さらにお子さんもかわいい衣装を着ればゲストの皆さんも自然と笑顔に♪
家族みんなで挙げる式はいい思い出になりますね。

お二人の大切なお子さんに、リングボーイやフラワーガールなどをしてもらうのがパパママ婚では人気の演出。
パパママ婚ならではの演出も魅力のひとつです。

パパママ婚のメリット2:夫婦だけでなくお子さんのお披露目もできる

夫婦2人だけでなく、家族全員がそろってお披露目をすることができます。

結婚式はふだんなかなか会えない親族・友人たちがそろう、またとない機会。
日頃の感謝とこれからもよろしくの気持ちを込めて、家族みんなでゲストを迎えることができます。

パパママ婚のデメリット1:結婚祝いを頂き済みで招待しづらい

結婚式を挙げていなくても、結婚祝いや出産祝いをいただいている人も多いでしょう。
ゲストをパパママ婚にご招待するとなると、先方もご祝儀を持っていくので二重にお祝いをいただくことになる、と親族以外の招待をためらう人が多いんです。

会費制の披露宴にすれば、ゲストの方の負担を減らすことができます。

パパママ婚のデメリット2:小さなお子さんがいると準備が大変

結婚式場との打ち合わせやドレス選び、ペーパーアイテムづくりなどの準備は、目の離せない小さなお子さんがいると大変。
思うように進まないこともあるかもしれません。

「準備中はすっごく大変だったけど、パパと協力して乗り切った」
「育児で大変になることを見越して、妊娠中から準備を進めた」

という先輩ママの声も。
ちょっと大変だけど、工夫して準備を進めるのがポイントです!

普段と違う場所、違う雰囲気で、お子さんが泣いたりぐずってしまう可能性があります。
予定していたリングボーイやフラワーガールの演出ができなくなることも。

事前に、お子さんがぐずった時にどうするのか考えておく必要があります。

編集長マユ
パパママ婚に慣れている結婚式場だと、キッズスペースが用意されているところも。
お子さんのフォローにどれだけ協力してもらえるかも、結婚式場選びの大事なポイントになります!
  • この記事を書いた人

編集長マユ

2018年秋に卒花しました*
結婚式準備が大変だった経験から、プレ花嫁さん・花婿さんたちの力になりたい!と思って、「結婚式のいろは」をスタート。
一緒に最高の思い出をつくりましょう♡

-マタニティウェディングの豆知識

Copyright© 結婚式のいろは , 2019 All Rights Reserved.