結婚式のいろは

結婚式の二次会、やるべき?やらなくてもいい?みんなが二次会を開催した理由

更新日:

結婚式と披露宴とセットでよく開催されているのが、二次会
二次会では、披露宴の後に会場を変えてカジュアルなパーティーを開きます。

二次会はなんのために開催するものなのかって、実は知らない人が多いのではないでしょうか。
披露宴から参加する人もいれば、もちろん二次会だけ呼ばれるゲストもいるわけで…。

「二次会ってそもそもなんのために開くの?」
「二次会って絶対にやらなきゃいけないの?」

一生に一度の機会だから、悩みどころですよね。
二次会を開く意味や一般的な内容から、二次会をやるべきかやらないべきかを探ってみましょう。

結婚式の二次会とは披露宴に招待しなかった人向けのお披露目パーティーが成り立ち

昔は、披露宴が「親戚やご近所の方々に花嫁をお披露目するための宴会」でした。
披露宴に参加しない新郎の友人たちが、新郎新婦を祝うために集まったのが二次会のルーツと言われています。

現代では、披露宴の招待客数は昔に比べて減少傾向にあります。

  • 披露宴に招待できなかった友人を呼んでお披露目会
  • 披露宴ではゆっくりお話できないから、二次会で歓談する

現代ではこのような目的で二次会を開催します。
親族は出席せず、親しい友人や会社の同僚たちで集まることがほとんどです。

結婚式の二次会運営は友人主体が一般的

fde4621bec57d6a4ba508bce7687de35_s

  • 新郎新婦の友人が幹事となる
  • 会費制のパーティー
  • ビンゴ大会などのみんなで楽しめる余興がある

二次会は、一般的にご祝儀は必要ありません。
事前に会費を設定して、その範囲で飲食代や景品代などを賄います。
会費の平均は5,000〜8,000円ほど。ご祝儀ほど高額ではありません。

結婚式・披露宴が新郎新婦とその親御さんが企画するのに対して、二次会は新郎新婦の友人が幹事となり、企画・運営を担当することがほとんど。
余興の企画から景品の準備、会場の手配、招待状の発送など、すべて幹事が行います。

新郎新婦が二次会で着る衣装や、ゲストへのプチギフトは会費とは別に新郎新婦が負担することが多いようです。

会費の管理も、幹事が行います。
幹事の負担がとても大きいので、後日新郎新婦からお金や商品券をお礼として渡します。

場合によっては新郎新婦が幹事となって二次会を主催する場合もあります。

どんな時に二次会をやるといいの?一般的な二次会の目的3パターン

新郎新婦友人が主催の披露宴アフターパーティーといっても、披露宴との役割の違いがわかりづらいですよね。

ではどんな時に二次会をやるといいのでしょうか。
一般的に次の3つのシチュエーションで二次会を開催する人が多いです。

  • 結婚式・披露宴と同じメンバーで歓談目的
  • 海外挙式・親族のみでの挙式後のお披露目会
  • 生活拠点と地元が離れている場合

結婚式・披露宴とほぼ同じメンバーで歓談目的

結婚式・披露宴って意外とゲストと話せる時間が少ないんです。
キャンドルサービスなどでテーブルを回る以外は、基本的に新郎新婦はゲストとの交流がなく、高砂に座っています。

限られた写真撮影タイム以外は決められた進行に沿うだけで、なかなかゲストの皆さんとお話ができません。

せっかくお祝いに集まってくれたゲストの皆さんと、ゆっくりお話したい、と二次会もほぼ同じメンバーで開催するスタイルがあります。

結婚式を機に、同窓会のように友人たちが一堂に会することも多いですよね。
披露宴より、よりカジュアルな雰囲気で歓談を楽しむことができます。

海外挙式・親族のみでの挙式後の披露宴がわりとして

近年は、ハワイなどの海外リゾート挙式が人気。
交通費や宿泊費など費用がかさむので、親族とごく親しい友人のみの挙式にするカップルが多いんです。

また国内挙式の場合でも、こじんまりと親族のみでの挙式・食事会形式も人気を集めています。

そこで、帰国後に別途日を設けてお披露目会として友人・知人を招く二次会、というパターンがあります。

最近は1.5次会といって、二次会よりももっとかしこまった形式で行われる場合もあります。
1.5次会の場合はレストランの貸切ではなく、ホテルなどのしっかりした会場で開催されます

食事もビュッフェスタイルではなくフルコースにするなど、披露宴とほぼ変わりないイメージです。

私も両家親族のみで挙式・食事会をしました。

夫と私は大学の同級生で共通の友人がとても多かったので、二次会を開催。
友人たちに結婚の挨拶を兼ねて集まってもらいお祝いしてもらいました。

現在の生活拠点と新郎新婦の地元が離れている場合

大学や就職を機に上京して、結婚。
結婚式と披露宴は地元で開催、というカップルは珍しくありません。

上京してから出会った友人や会社の同僚などを、地方の披露宴に招待するにはゲストに負担が大きい、ということで現在の生活の拠点での友人・知人を呼んで二次会を開く、というケースもあります。

新郎・新婦どちらかの地元で挙式・披露宴をし、もう一方の地元で二次会というパターンも多いんです。

二次会は必ずやらなくてもいいんです

二次会はこのように、結婚式・披露宴に呼べなかった友人・知人へのお披露目会という意味合いが強くあります。

披露宴に呼びたい人はほぼ全員呼べた、披露宴でゲストとの歓談の時間を十分に用意しているなどの場合は、必ず二次会を開く必要はありません。

またそれ以外にも次のような理由で、二次会を開催しないという選択をしている人は多くいます。

  • 新郎・新婦の友人が忙しい、居住地が離れていて幹事を頼みづらい
  • 友人に負担をかけたくない
  • 幹事を立てずにやろうとしたが、自分たちで企画する余裕がない

実際友人に幹事を頼むと、休日に幹事同士が集まって打ち合わせしてもらったり、二次会当日も受付や進行があり落ち着いて楽しんでもらえません。

二次会幹事には大きな負担がかかるから、結構頼みづらいんですよね。
後ほどお礼はするにしても、気が引けるというかたも多いのではないでしょうか。

私の親しい友人が関西、夫の友人が関東だったのもあり、幹事選びは難航、というか諦めていました。
友人に頼める状況じゃないので自分たちで企画しようかとも思いましたが、挙式・披露宴の準備でいっぱいいっぱい。
そんな時に見つけたのが二次会代行業者でした。

結婚式の二次会をしたいけど難しい。そんなカップルにオススメなのが二次会代行

せっかくだから二次会で友人たちにお披露目したい、でも幹事を頼めない。

そんな新郎・新婦の助けになるのが、二次会幹事代行業社
二次会の運営を丸ごとお任せできちゃうんです。

  • 会場探し・手配
  • 招待状の用意・配送
  • 余興・ゲームの企画・運営
  • 景品の手配
  • 二次会当日の司会・受付
  • 写真撮影

さらに衣装の貸し出しやプチギフトの手配などまで代行してくれるところも。

忙しい新郎新婦に代わって、1〜2回の直接の打ち合わせ+電話・メールでの連携のみで結婚式の二次会を開催可能!

本当は二次会を開催したかったけど、事情があって諦めていた、というカップルの人気を集めています。

二次会代行業者に頼んだ場合の二次会開催の流れ

  1. 無料相談の申し込み
  2. 相談会で希望条件のすり合わせ・見積もり
  3. →開催希望エリア、招待予定人数、二次会のイメージを決めておく

  4. 契約
  5. 電話・メール等でのやり取り
  6. →飾る写真のデータ送信、景品手配の依頼、招待客リストの送信等

  7. 二次会開催
  8. →当日の運営もおまかせ!

新郎・新婦は二次会の希望条件を出すだけ。
二次会代行業者のプランナーが、会場手配から余興の準備などすべて担当してくれます。

会場決定や余興内容などは、プランナーからの提案を待っていればOKといういわば丸投げができちゃいます。

二次会幹事なしで開催できるのは、かなりありがたい!

二次会代行業者の費用は意外と安い!

二次会に関わるすべてを丸投げできるから、結構お金がかかりそうですよね。
実は持ち出し0円を掲げている代行業者がほとんど。

その秘密は、招待客の会費と相殺できるから。

会場へ払う飲食費+プロデュース料=会費

こうなるように料金設定をしている二次会代行業社がほとんどだから、持ち出しなしで二次会開催ができちゃうんです。

もちろん会費が相場以上に高くなることは基本的にありません。

例えば1人あたりの料金設定が飲食費5,000円+プロデュース料3,000円=8,000円というプランだったら、会費を8,000円にすれば新郎新婦の負担が0円になります。
都内の二次会相場は8,000円だから、法外な値段にはなりません。

有料オプション等もありますが、新郎新婦で負担することもあれば、予算内に収まるようプログラムを調整することも可能です。

二次会代行業者に依頼するメリット・デメリット

メリット

  • 二次会の企画を丸投げできる
  • 専門業者だから企画・余興のアイディアが違う
  • 二次会のプロだから当日の進行も安心
  • 会場手配から受付・司会まで1社に任せるからやり取りがスムーズ
デメリット

  • 提携会場からしか選べない代行業者が多い
  • 多少の打ち合わせは必要
  • 対応エリアが限られている

二次会代行業者に任せる場合、成功のカギを握るのが打ち合わせ。
2人のイメージをどれだけ具体的に伝えられるかがポイントです。

そのため日時と人数だけ伝えればオッケー!というわけでなく、多少の打ち合わせは必要になります。

  • みんなでワイワイ賑やかな会にしたい
  • ゆったりお話をメインにしたい
  • 料理の美味しさ重視で会場選びをしてほしい

このように希望を伝えないと、イメージとは違うプランが上がってくることも。
なんどもプランの変更となるとやり取りの回数も増えて、意外と手間がかかった、ということになりかねません。

しかし自分たちでイチから二次会の準備をするよりもはるかに楽
しかも余分なお金もかからず、二次会のプロが組んだ演出で良い思い出づくりになるというメリットが盛りだくさん!

一生に一度の結婚式。
二次会を諦める前に、一度相談に行ってみることをオススメします!

先輩花嫁にも評判!オススメの二次会代行業者

一生に一度の大事な時だから失敗したくない。
そんな2人にオススメしたい、選りすぐりの二次会代行業者をご紹介します!

2次会本舗:お笑い芸人の司会で盛り上がる!オリジナル余興も充実

二次会代行の2次会本舗
画像引用元: 2次会本舗

対応エリア:東京、千葉、埼玉、神奈川

ポイント1:わかりやすい料金設定
2次会本舗に支払うのは、申込金0円、サービス料は当日の参加人数×3,000円のみという明瞭な料金。
これにプラスしてレストランでの飲食代を支払うだけ!

料金プランがシンプルなのが安心です。

ポイント2:盛り上げたい人にオススメ!芸人に3つの役をおまかせできる

2次会本舗の特徴は、お笑い事務所とのタイアップ。
2次会の司会はプロのお笑い芸人が担当。
軽快なトークで会場を盛り上げます。

2次会の大事な要素である余興・ゲームも、2次会本舗と芸人が協力して考えたオリジナル企画。
多くの2次会に参加経験があるゲストも楽しめる、他にはない企画が目白押しです。

さらに追加料金を支払えば、お笑い芸人のショーを余興にすることも可能。

ゲストにとことん楽しんでもらいたい!というお2人に、2次会本舗はぴったりです。

2次会本舗の無料相談はこちら

2次会iStyle:提携以外の会場もOK!お店にこだわる2人に

二次会代行 2次会iStyle
画像引用元: 2次会iStyle

対応エリア:首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、名古屋、他応相談

ポイント1:二次会の会場選びが自由!
通常2次会代行業者では、提携会場以外での開催となると追加料金がかかります。
提携会場からも紹介料を払ってもらうことで運営が成り立っているのが理由。

しかし2次会iStyleでは、追加料金0円で提携会場以外でもおまかせできちゃうんです。
もちろん会場探しを2次会iStyleにおまかせするのもOK!

自由度が高いのが魅力です。

ポイント2:ゲスト60名以上で基本料金が無料!
自由な会場選びができるけど、値段は相場と同じくらいなのが嬉しいiStyle。
しかし驚きなのが、ゲスト60名以上で基本料金が無料になること。

飲食代+有料オプション代だけで大満足の二次会が開けます。
さらに友人たちが当日の受付をお手伝いしてくれるなどの場合、プランによってはさらに割引可能。

ぱっと見は他と料金があまり変わりませんが、条件次第で最安値に!

費用も重視したい、というあなたは見積もり・相談必須です!

2次会iStyle無料メール相談はこちら

2次会サポーターズ:サービス料が最安値!ゲストの負担を減らしたい2人に

二次会代行の2次会サポーターズ
画像引用元: 2次会サポーターズ

対応エリア:東京、埼玉、千葉、神奈川、栃木、群馬、茨城

ポイント1:サービス料が業界最安値!
他の二次会代行業者のサービス料がゲスト1人につき3,000円が相場なのに対し、2次会サポーターズは2,500円
1人あたりにすると500円差って大したことなさそうだけど、例えば40人のゲストで換算すると20,000円も安くなります。

会費をできるだけ抑えたいけど、会場や料理にもこだわりたいという2人にぴったり!

ポイント2:対象エリアが関東全域
二次会サポーターズは二次会代行業者がなかなかない、栃木、群馬、茨城県にも対応しています。

会社の相談センターは新宿か大宮にありますが、指定の最寄り駅まで来てもらう事も可能。
もちろん出張料は無料です。

個人的にいいなと思うのが、無料相談前に資料請求ができるところ。
他の二次会代行業者は、最初から担当者と対面の無料相談をするところがほとんど。

二次会サポーターズは資料請求してお家でゆっくり考えてから、相談に行くかどうか決められるんです。

たくさん二次会幹事代行業者があるなか、全部の相談に行くのは大変。
まずは資料請求から始められるのは助かります!

2次会サポーターズの資料請求はこちら

エモーショナルパーティー:幹事はいるけどサポートが欲しい時に

二次会幹事サポートのエモーショナルパーティー
画像引用元: エモーショナル・パーティー

対応エリア:東京、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸

ポイント:二次会幹事代行ではなく"サポート"
すでに幹事は決まっているけど、想像以上に企画・準備が大変。
良いアイディアが思い浮かばず手詰まり。
幹事初心者ばかりで、何から手をつけていいかわからない。

そんな幹事をサポートしてくれるのが、エモーショナルパーティー。
希望に合う会場の紹介や余興のアイディア、音響のおペーレーションなど、二次会に欠かせないけど手配も大変という部分を相談できます。

他の二次会代行業者との大きな違いは、当日の運営を幹事が行うこと。
幹事チームの頭脳担当といったところでしょうか。

プロのアイディアで他にはない企画をしたい、負担を軽くしたいという幹事の方たちに人気のサービスです!

エモーショナル・パーティーへの無料相談はこちら

人気記事

1

マイナビって、就活の時に使うサイトのイメージですよね。 実はマイナビウエディングという結婚式場探しのサイトもあるんです。 マイナビが結婚式場を探せるホームページを作っていたなんて知らなかった! マイナ ...

2

授かり婚だから急いで結婚式を挙げたい! 妊娠がわかったので、急きょ結婚式を挙げることにしました。 そんなカップルの声を最近よく聞きます。 授かり婚は今や4人に1人とめずらしいことではないんです。(厚生 ...

3

初めての妊娠、初めての結婚式、わからないことばかりでいろいろアドバイスが欲しい! 専門知識がある人からのサポートがあれば心強いんだけどな〜 奥さんの体調も心配です。結婚式の準備って大変らしいから、無理 ...

-結婚式のいろは

Copyright© 結婚式場のいろは , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.